二つの事故扱いに納得がいかない

初めて車で自損事故を起こし、保険会社に車両保険を請求しました。

出先の駐車場で停めようとしたとき、狭い通路で切り返しが上手くいかず、壁にリアバンパーの右側をこすってしまいました。
突然のギギギーという音に慌ててしまい、一旦ギアを入れ替えて前進し、再度バックしようとしたところ、
同じ場所で右のスライドドアも接触してしまいました。

保険会社にはありのままを説明し、修理したいと伝えましたが、
「二回あたっているので、事故の受付が二つになります」と言われてしまいました。

同じ時間に、同じ場所で当たっているのに別の事故になるのか?と思いましたが、
保険会社の担当者は「そういう決まりになっている」の一点張りでした。
どうしても納得がいかないと言うと、現場で直接会って話をしましょうということになりました。

現場には車の鑑定をする調査員がやってきて、車の写真と現場の写真を撮っていきました。
その場で、どのように切り替えしたのかなど、詳しい状況を説明しました。
てっきりその場で回答がもらえるかと思っていたのですが、支払いの担当者からの回答になるとのことでした。

数日後に、改めて電話がかかってきましたが、答えは同じで二つの事故扱いでした。
では何のための調査だったのかと落胆しましたが、修理工場へ持ち込んで相談したところ、
修理方法を格安で仕上げると、次に上がってしまう保険料よりも修理費を安くあげられることが分かり、
結局のところ、保険は使用しませんでした。

結果オーライでしたが、調査や電話に費やした時間を思えば、もっと早く修理工場へ相談しておけばよかったです。