安い物にはわけがある?安物買いの銭失い

物には値段があります。値段とはその物の価値を表していますよね。車にももちろん値段がありますけど、中古車なんかではやおっぱり安いにこしたことはありません。
先般、メインの車とは別に足車としてちょいのりに使うための軽自動車を探していました。予算は安ければ安いほどいいですが、まぁ足車なので30万くらいで考えていたので、その辺りで中古車屋さんを回ることにしました。カッコいいなと思ったり、走行が少なくて長く乗れそうだなと思う車はやはりお高いものです。メインならともかくサブにそんなにお金はかけたくない。グルグルと県内の中古車屋さんを回っていた所、脇道に小さい車屋さんを発見。そこに赤い軽自動車がおいてありました。外装はとても綺麗。興味が沸き立ち寄って見てみるとへこみや傷もないです。ご主人が出てこられたのでお話しを聞いてみます。走行はそこそこ走ってるけどエンジンも問題ないですし、なんなら車検残ってますから試乗してきていいですよ。とのこと。お言葉に甘えて乗ってみました。足回りも問題なさそうだしターボ車だったので力も申し分なし。とても乗りやすい、更にお値段は乗り出しでなんと18万です。これは掘り出し物だと感じその場で購入を決め後日お金と書類を届け納車してもらいました。

しばらく快適に乗ってよい買い物だったなーと思っていたのですが、半年ほどするとエンジンルームからキュルキュルと音がします。ファンベルトが鳴き始めたのです。市販の鳴き止めをスプレーしても治らない。だましだまし乗っていましたがそれも限界。ちかくの車屋さんに見てもらった所マウントという物がずれているらしいです。修理をするなら交換しかない。丸ごと交換になると言われ仕方なく了承しました。安い値段で掘り出し物だと思ったのに思わぬお金がかかることになりました。
物には価値があり金額はそれを表します。高い物には高い理由が、安い物には安い理由があるのだと勉強になりました。

好きな形の車が減って来ている

今はいい車を作るのにだいたいどこの会社でも値段が高くなっているのが現状です。私は、トヨタ車が好きなのでトヨタ車で探していますが、なかなか高い。二年前に好きな車に乗れていましたが、妊娠中に切迫早産と診断され車の車高が高く乗るのに一苦労。産まれてからもきっと赤ちゃんを載せるのに一苦労すると思い売ってしまいました。その後は、父が使わない車に乗っています。今でも乗りたい車はその頃と変わっていません。でも、そろそろ第二子を考えてるので次はファミリーカーにしようと思っています。でも、見に行って試乗する度に思うのが、ここまでのグレードじゃなくていいから安くして欲しい。という事。そして、昔よりかっこよさが半減している気がするなと思う事です。かっこよくしたいあまりに、だんだんダサくなってきてるのでは?と思うところもいっぱいあります。前が人の顔に見えたり、アゴ出てるように見えたり。私と旦那は同意見でそれがかっこよく見えません。あと少しのところで何でここがこうなの?もう少し普通でいいのに。そう思う事の方が多い車ばかりで、買うのを躊躇ってしまいます。なので、購入を決めてからもうすぐ一年半。まだ購入出来ていません。父の車もそろそろ廃車にしないとと、最後に車検をとってあと残り一年ちょっと。それまでには購入したいのですが、私達の好きな車が現れてくるか。金銭的にキツくならないか。迷うところです。こうなったら中古を探すしかないのかなと思います。次のは長く乗りたいので、中古でも新しいのを探すつもりですが、中古はタイミング良く出るものでもないし、探すのに苦労します。もっといい方法はないのか常に車に悩まされています。

二つの事故扱いに納得がいかない

初めて車で自損事故を起こし、保険会社に車両保険を請求しました。

出先の駐車場で停めようとしたとき、狭い通路で切り返しが上手くいかず、壁にリアバンパーの右側をこすってしまいました。
突然のギギギーという音に慌ててしまい、一旦ギアを入れ替えて前進し、再度バックしようとしたところ、
同じ場所で右のスライドドアも接触してしまいました。

保険会社にはありのままを説明し、修理したいと伝えましたが、
「二回あたっているので、事故の受付が二つになります」と言われてしまいました。

同じ時間に、同じ場所で当たっているのに別の事故になるのか?と思いましたが、
保険会社の担当者は「そういう決まりになっている」の一点張りでした。
どうしても納得がいかないと言うと、現場で直接会って話をしましょうということになりました。

現場には車の鑑定をする調査員がやってきて、車の写真と現場の写真を撮っていきました。
その場で、どのように切り替えしたのかなど、詳しい状況を説明しました。
てっきりその場で回答がもらえるかと思っていたのですが、支払いの担当者からの回答になるとのことでした。

数日後に、改めて電話がかかってきましたが、答えは同じで二つの事故扱いでした。
では何のための調査だったのかと落胆しましたが、修理工場へ持ち込んで相談したところ、
修理方法を格安で仕上げると、次に上がってしまう保険料よりも修理費を安くあげられることが分かり、
結局のところ、保険は使用しませんでした。

結果オーライでしたが、調査や電話に費やした時間を思えば、もっと早く修理工場へ相談しておけばよかったです。